マイスター制度は、ドイツの産業発展に寄与してきた職人資格養成制度です。 この制度に倣い、私たちは自社の技術と品質管理を施主に代わって担保するべく、 社内の規格と基準を他社に先駆けて設定しました。 製品の知識、扱い方、道具の管理に始まり、施工前準備、施工環境の整備はもちろんのこと、 下地処理から仕上がりの管理まで全てにわたって十分な経験と知識と実績をもって 初めて「SIV マスター」と認定しています。 熟練の職人の技術が品質を担保し、建築家や施主の満足を獲得するフィルム施工。 決して他社では真似できないことが、私たちには最低基準なのです。

【SIVマイスター】制度の概要

約5年間にわたる実技研修を経て、200項目を超える施工技術をチェックします。

そのポイントの90%以上をクリアしないとSIVマイスターと認定されません。

  • 期間:
  • 内容:
  • 初年度
  • 1.フィルム素材の知識
  • 2.道具の知識
  • 3.基板および下地処理剤の知識
  • 4.施工環境の知識
  • 5.図面の読み取り
  • 6.工程の把握
  • 7.パネルシステムについて
  • 8.採寸とスミだし度
  • 期間:
  • 内容:
  • 初年度~2年間
  • 3ヶ月程度の社内研修を経て現場での見習い実習となります。
  • その内容は大きく分けると以下のような項目です。
  • 1.基板のチェック
  • フィルム施工する基礎がどのような状態にあるかをチェックします。例えば基板の浮きや隙間の有無を細部にわたり調べます。
  • 2.下地処理剤の選別
  • 基板とフィルムの相性を考慮し、どのような下地処理がベストかを判断します。
  • 3.下地の施工
  • 素材に応じた下地を作ります。仕上がりをイメージしながら段階に分けての下地作りです。この処理により仕上がりが決まると言っても過言ではありません。
  • 4.下地の仕上げ
  • フィルムの接着面を仕上げ、接着強度を高めます。
  • 5.フィルムの施工
  • フィルムを張る際、空気が入ったり、シワが寄ったりしないよう細心の注意を払い貼り付けます。
  • 6.フィルム施工の仕上げ
  • 各細部の収め方は建築物によってまちまちです。図面のみならず現場を見ながら仕上がりをイメージして仕上げます。
  • 期間:
  • 内容:
  • 3年目~3年間
  • 習得する技術項目は見習い研修期間と同様です。
  • 1.基板のチェック
  • 2.下地処理剤の選別
  • 3.下地の施工
  • 4.下地の仕上げ
  • 5.フィルムの施工
  • 6.フィルム施工の仕上げ
  • 内容:
  • 約5年間の技術習得期間を経てTOP OF MEISTERによる検定を実施します。
  • この検定に合格すると初めてSIV MEISTERと呼ばれるのです。MEISTERになると、それぞれのビル内装の監理責任者として現場を任されます。また、その後の経験と技術レベルの向上により、最終的にTOP OF MEISTERを目指します。